toggle
2022-05-26

小野恭平氏インタビュー(1)- 千足古墳の成り立ち

インタビューについては、下記画像をクリックしてください。YouTubeビデオを見ることができます。

造山古墳およびその陪塚に関連する言い伝えの事項をインタビューを通じて掘り起こすプロジェクトを進めている。今回は、千足古墳の成り立ちについて、その古墳のごく近くに住んでおられる小野恭平氏に話を聞いた。
1.日時:2022.4.30.(土)
2.場所:小野恭平氏の畑の中にある小屋にて
3.インタビュー:小野恭平氏 82歳
  同席    :三垣千秋氏
4.インタビューアー:角谷賢二
5.内容
(1)小野恭平氏のひい爺さんである小野仁左衛門氏は、大正3年(1914年)ごろ千足古墳が古墳であるとわかった。その時にお守りをする社を作るために寄付集めを発起した。
(2)さらにその時に千足古墳の上の石を割って中に入れるようにした。
(3)古墳の上は、3軒の人が畑として使っていた。当時は、この古墳がそんなに重要とは思わなかった。

 

 

関連記事

コメントを残す