toggle
2019-05-28

原 豊二 Toyoji Hara /客員研究員

.jpg

ノートルダム清心女子大学 文学部日本語日本文学科 准教授 博士(文学)

米子工業高等専門学校准教授を経て、現在、岡山市のノートルダム清心女子大学に勤務しています。主な研究対象は源氏物語などの平安時代の文学作品です。また、地域に残る「文学系文化財」にも興味を抱いており、歌仙額や写本、版本、短冊、巻物、画帖、屏風などの調査をしてきました。著書に『源氏物語と王朝文化誌史』(勉誠出版、2006年)、『源氏物語文化論』(新典社、2014年)、『日本文学概論ノート 古典編』(武蔵野書院、2018年)などがあります。他に、2019年現在、池田亀鑑賞選考委員、中古文学会委員、日本文学協会委員、島根大学法文学部山陰研究センター 客員研究員、国文学研究資料館地域資料専門部会委員などを務めています。

 

 

関連記事

コメントを残す